ゆずの里ウォーク

18年11月23日

今年も矢羽根のメンバーは、ゆずの里ウォークに参加して来ました!

毛呂高関係者も徐々に参加出来なくなり、ピンクの毛呂ジャケ来ているのも、我々役員3名となってしまいました💦

少し残念ですね。でも、記憶にある人は声をかけて頂き、嬉しい気分となりました!

来年以降も続く限り参加し続けたいと感じました。

受付風景。Aコースの受付は終了していたので、人はまばらですが、今年も沢山の方が参加されていました。

B、Cコースもいよいよスタートです。

皆さんは先に行ってしまいましたが、我々はゆっくりとアーチのまで記念撮影🎶

さて、ウォークを満喫して来ます!

伊波比神社に向かう林道。木に防犯カメラがくくりつけてありましたが、電源ケーブルが無くダミーぽく見えましたが、電気のない夜道は気をつけましょう!

流鏑馬の通り道。本日はウォーク道。ここを馬に乗り走りながら矢を放つ流鏑馬。的も扇子くらいの大きさなので凄い腕前です!

林の中から見る岩井神社。手前側で流鏑馬をやっています。

林道???獣道とも言える道を通り山を下ります。

下りきると毛呂山町の街中をしばらくは歩くことになります。

毎年、綺麗な黄金色に輝く銀杏の木。ついつい写真を撮ってしまいましたw

その銀杏の木を横目に先に進みオートキャンプ場へと向かいます。

あちこちで紅葉が見れて、秋まっしぐらです!

ゆずの木には柚子が沢山実っていました。

毛呂山の柚子は、「最古の柚子」と言われるほど歴史があるらしく、ここの苗を各地方に渡り実り産地が出来たそうです。

ゆず畑から竹林に入り、ゆず霊園の脇からオートキャンプ場へと向かいます。

オートキャンプ場に着き、ランチタイム!

今年は、武蔵越生高等学校の和太鼓部の演奏を披露してくれました!

日本の伝統を受け継ぐ人も減って来ているので、こう言う部活動はホント貴重だなと感じてしまいながら聴いてました!

皆さん凄くいい笑顔で素晴らしかったです!

キャンプ場でも真赤に染まった紅葉がありました!

オートキャンプ場の奥で、窯焼きピザがありました!

薄い生地なので、1分で焼けてしまう速さw

窯を軽トラの荷台に積んでやるとは風情があってよかったですね!

おじさんも暖かい気候の中焼き続けてくれました!

寒桜も咲いていましたが、気温が暖かいせいもあり、春を感じさせる情景でした!

流れの緩やかなところにたまり小休止ってところでしょうか。産卵に向けてまだまだ上流へ上がるんでしょうね。

コスモスも咲いており、秋と春が同時に来た感じです!

伊波比神社の正門。

先ほど通った流鏑馬の場所は神社裏。

ゴールの毛呂山町役場駐車場!

お疲れ様でした!